恐れていた事が…   

月曜日(前回の記事)に病院に行ったときはたいした風邪ではないと言われていたyuma。
念の為、お薬をもらって安心していたのですが、翌日幼稚園に行く直前に熱を測ると37.7度。
本人は元気で行く気満々だったのですが、大事をとってお休みすることにしました。
表情もとっても元気そうで、本人も特に痛いところはないと言っていましたが、午後になると38.5度に。
翌朝は37.4度まで下がって、インフルエンザじゃなくて良かった~と一安心していたのですが、お昼寝から起きて来たyumaの顔は明らかに熱のある顔・・・
見る見る上がって、39.5度。。。
水曜はいつもの小児科は午後休診なので、ちょっと遠い病院まで車で行く事にしました。
診察してすぐ、先生が『多分、B型に間違いないと思うよ。。』
『えっ・・・?!それってインフルエンザって事ですか??』
先生の自信ありげな一言にがっくり・・・
検査の結果はやっぱり先生の予想的中。インフルエンザのB型でした(TдT)
インフルエンザってずっと高熱が続いて咳はあまり出ないと思っていたのですが、B型は熱が下がったかと思うとまた上がって・・・を繰り返して、咳もかなり酷く出るようです。
今、いろいろ問題になっているタミフルを処方されました。
幼い子に異常が現れた前例は今のところないようですが、連日のようにタミフルの事故がニュースで流れているとやっぱり不安ですよね。

それにしてもyumaの強さには今回も頭が下がりました。
インフルエンザを疑って、何度も『体痛くない??』と聞いていたのですが、『どこも痛くない』と答えるし、39.5度の高熱で病院に行くときもmaoがいるので抱っこは出来ず、駐車場まで歩かなければならなかったのに北風の吹く中、文句一つ言わず小走りで頑張ってくれました。
寝る時も、出来ればずっと側にいてあげたいのですが、maoがいるのでそうもいかず、自分から進んで一人で寝室に行って寝ようと頑張っています。
ホントに強くて偉いお兄ちゃんです。

インフルエンザ菌なんて早く消えてしまえばいいのに・・・
今日で発症して3日目なので土日はお熱下がってるといいね。

だいぶ元気になったmaoは・・・
う○ちをした時はおしりを触って合図してくれるようになったのですが、変に知恵がついて、最近では演技をして騙す楽しさも覚えちゃいました。。
↓おしりを触って・・・・おむつのとこまでトコトコ。おむつの横に立ってイタズラ顔。
c0093339_15131327.jpg

今度はmaoに移らないように気をつけないと・・・
[PR]

by suyuma | 2007-03-01 15:18 | こども

<< ホームパーティ☆ 病院疲れ・・・(´Д`||) >>